国際キャッシュカード徹底比較ガイド

クレジットカードやデビットカード、海外プリペイドカードなどの国際キャッシュカードを手数料の観点から比較しています

JTBの外貨両替はどれぐらいお得? 両替レートや手数料を徹底解説!

time 2016/08/27

YUKA150701098458_TP_V

 

JTBといえば大手旅行会社のイメージですが、最近はJTBでも外貨両替をすることができるようになりました(公式サイトはこちら)。ネット、あるいは実店舗において外貨両替を申し込むことができます。受け取りは郵送にて自宅で受け取るか、空港・店舗での受け取りを選択することができます。受け取りには最短でも2日~3日程度かかります。実店舗で外貨両替を申し込んでもその場で外貨を受け取ることはできないので注意です。基本的には外貨宅配サービスと思えばよさそうです。

 

両替レートに関してはJTB独自の両替レートが適用されます。公式サイトにて「国内銀行と同等のレート」と宣伝されている通り、JTBの両替レートはほぼ国内の大手都市銀行の両替レートと同じレートとなっています。ただし、完全に同じというわけではないです。通貨によっては微妙にJTBの方が安かったり高かったりします。取り扱い通貨の数は多く、全部で34の通貨を取り扱っています。大手銀行では見かけないような通貨も取り扱っていたりするので、マイナーな国の通貨の両替を考えている人は一度JTBのサイトをチェックしてみるのもいいかもしれません。

 

なお、手数料に関しては固定の手数料はかからず、配送料金も無料です。

 

sponsored link

JTBで外貨両替をするメリットはあるか?

結論からいえば、正直なところJTBで外貨両替をするメリットはほとんどないと思います。両替レートは国内銀行と同等で特に安いというわけでないし、銀行と違って外貨を宅配で受け取らなければならないということで手間もかかります。銀行と同程度のレートなら支店もたくさんある銀行でその場で両替をすればいいわけで、代わりにわざわざJTBを利用する理由はないでしょう。

 

また、外貨を空港で受け取る場合は、通貨がドルやユーロなどの基軸通貨の場合はマネーパートナーズの外貨両替の方が両替レートが圧倒的に安いのでそちらの方がオススメです。外貨を自宅に宅配するサービスに関してはJTB以外にもいくつか業者があるので両替予定の通貨のレートを比べてみるといいでしょう。JTB以外の外貨宅配業者に関しては下記記事にて解説しているので参考にしてみてください。

⇒外貨宅配サービスを徹底比較! どこで両替するのが最もお得?

 

sponsored link

DMM

旅行用品・スーツケースレンタル