国際キャッシュカード徹底比較ガイド

クレジットカードやデビットカード、海外プリペイドカードなどの国際キャッシュカードを手数料の観点から比較しています

円をカナダドルに最もお得に両替する方法は?

time 2016/07/13

 

円をカナダドルに両替する方法はたくさんあります。

代表的な方法としては、国内の銀行、両替所、金券ショップといった店舗での両替、クレジットカードやデビットカードによる海外ATMでのキャッシング、SBIレミットなどの海外送金サービスなどが挙げられます。

では、数ある両替方法の中で最もお得な方法は何でしょうか?

この記事では円をカナダドルに両替する最もお得な方法について解説していきたいと思います。

結論からいえば、カナダドル(現金)に両替する最もお得な方法は、現地の両替所で両替することです。

その他の方法、例えば日本国内での両替、クレジットカードやデビットカードによるキャッシングなどは手数料が高くつきます。

手数料のランク的には以下のようになります。

 

国内の銀行や両替所での両替 > カナダの空港、銀行での両替 > クレジットカードやデビットカードによるキャッシング > 現地の両替所での両替

 

sponsored link

カナダドルは日本国内での両替レートが高い一方、現地のレートは安い

カナダドルの日本国内の銀行での両替レートはかなり高いです。

例えば、カナダドルのレートが市場で1カナダドル80円のときに、国内の銀行での両替レートが88円以上だったということは珍しくありません(実際に、Yahoo!ファイナンスのレートとみずほ銀行のレートを比べてみると違いがよくわかります)。

8円の上乗せというのはかなり高いですよね。これが米ドルだったらせいぜい3円程度の上乗せで済むと思います。

 

一方、カナダ現地でのレートはどれぐらいになるかというと、どこで両替するかにもよりますが、例えばバンクーバーのVBCEという両替所では市場のレートが80円のときに81~82円程度で両替することができます(レートはこちらで確認できます)。

日本国内ととカナダ現地ではレートにかなりの差があることがわかりますね。

 

 

カナダの空港や銀行での両替の場合は、両替所での両替に比べて数円程度レートが悪くなり、市場のレートが80円のときにはだいたい83~85円程度になるでしょう。上乗せは3~5円というわけです。また、別途両替手数料がかかる可能性があります。

カナダの大手銀行であるRBCの両替レートはこちらで確認できるので参考にしてみるといいと思います。

 

クレジットカードやデビットカードのATMキャッシングのレートは、カナダの銀行でのレートよりは安く、両替所でのレートよりは高くなります(カードの手数料にもよります)。

例えば、VISAのクレジットカードで現地ATMでキャッシングすると金利分の手数料がかかり、これはVISAの両替レートのおよそ1.5%程度になります。これを含んでトータルでの両替レートを計算するとクレジットカード(VISA)でのキャッシングのレートは市場のレートが80円のときに、およそ82~83円となります。カナダ現地の両替所よりも若干高い程度ですね(ちなみに、VISAのレートはこちらで確認できます)。

 

結論:カナダドルは現地両替所での両替が最安。ただしATMキャッシングもそこまで悪くない

というわけで、円をカナダドルに両替する最もお得な方法は現地両替所での両替ということになりました。

ただ、クレジットカードやデビットカードでの現地ATMでの引き出しのレートもそんなに悪くないので、両替所に行く手間が面倒という方にはキャッシングの方がオススメかもしれません。特に数万円程度の両替であれば、1円の差はたったの数百円にしかならないので両替所に寄る交通費や時間を考えるとキャッシングの方がトータルではお得ということもあると思います。

また、海外旅行等でカナダとアメリカの両方に寄るといった場合にも、クレジットカードやデビットカードならどちらの国でも現金を引き出せて便利です。

 

両替所での両替メインでも予備としてクレジットカードやデビットカードを持っていくのがオススメです。

⇒海外キャッシング手数料最安は本当にクレジットカードの繰り上げ返済か? 検証してみた

 

ちなみに、海外プリペイドカードでのキャッシングを考えている方は、カードによってはカナダドルをカバーしていないことがあるので注意です。例えば、海外プリペイドカードで手数料が最安のマネパカードはカナダドルをカバーしていないので使うことができません(VISAのレートを使用しているカードは全てカナダドルをカバーしています)。

sponsored link

DMM

旅行用品・スーツケースレンタル