国際キャッシュカード徹底比較ガイド

クレジットカードやデビットカード、海外プリペイドカードなどの国際キャッシュカードを手数料の観点から比較しています

キャッシュパスポートのレートって安い? 評判はどう?

time 2016/06/25

numbers-money-calculating-calculation

 

キャッシュパスポートはマスターカードプリペイドマネージメントサービシーズジャパンが発行する海外プリペイドカードです。世界中のマスターカード加盟店でショッピングをする際に利用したり、海外のATMで現地通貨を引き出すことができます。カードを使用するためには事前に通貨をチャージする必要があります。

利用可能な通貨は、米ドルユーロ英ポンド豪ドルNZドルカナダドルの6通貨です。これらの通貨以外の通貨もにも両替することはできますが、その際にはマスタカードの為替レートに4%の手数料が上乗せされたレートが適用されます。少しわかりにくいですが、以下のような感じです。

 

①円を6つの通貨(米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、カナダドル)のいずれかに両替してチャージする場合

→利用したい通貨の専用口座に円を振り込む。すると「本日の両替レート」でその通貨に自動的に両替されてチャージされる。

 

②円を円のままとりあえず口座に振り込んで後でネット上で違う通貨に両替する場合

→円の専用口座に円を振り込む。その後、公式サイトにログインすることで「本日の為替レート」で他の6つの通貨に両替してチャージすることができる

 

③円を円のままとりあえず口座に振り込んで上記の6つの通貨以外の通貨で使用する場合

→円の専用口座に円を振り込む。そのままの状態でカードを使用すると、「マスターカードのレート」に4%の手数料を上乗せしたレートで使用した分が両替され円の口座から引かれる

 

つまり、米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、カナダドルのいずれかに事前に両替する際は公式サイトにあるレートが適用されますが、それ以外の通貨を利用したり、通貨の残高が足りなかったりする場合にマスターカードのレートが適用されるということです。

 

sponsored link

キャッシュパスポートの両替レート

というわけで、気になるのは公式サイトのレートなわけですが、はっきり言えば他のプリペイドカードのレートと比べて安いとは言えません。管理人調べではどの通貨でもキャッシュパスポートのレートは、VISAのレート+2%程度のレート(為替レートはリアルタイムで変化するので絶対ではないです)と同じぐらいでした。多くの海外プリペイドカードやデビットカードではVISAのレート+1.67~4%が相場なので、これだけ見るとキャッシュパスポートのレートはまぁまぁといったところです。

 

しかし、キャッシュパスポートの場合は別途1%の入金手数料がかかります。また、1年間口座を利用しないでいると毎月口座管理費用150円かかるようになります。こうした手数料はキャッシュパスポート独特のもので他の海外プリペイドカードには見られないものです。

 

結論としては入金手数料が1%かかる+キャッシュパスポート独自のレートもたいして安くないということを考えるとキャッシュパスポートの両替レートはトータルで見ると割高と言えると思います。特に入金手数料や口座管理費用は実際には両替していないのにかかる手数料なのでちょっと感じが悪いです。

 

キャッシュパスポートの評判

キャッシュパスポートの評判についてですが、管理人がネットでブログやYahoo知恵袋、情報サイト等をチェックした限りではあまり評判はよくない印象でした。特に、レートが高いという意見が多く見られました。ただ、スペアカード24時間いつでもサポートは便利という意見もありました。

 

結論:手数料が気になるなら他のカードの方がいいかも・・・

というわけで結論ですが、より手数料を安くしたいのであれば他のプリペイドカードを利用するかクレジットカードを利用した方がいいです。プリペイドカードのオススメは現状ではマネパカード一択だと思います。

⇒マネパカードの手数料はどれぐらい安い? マネパカードのメリットとデメリット

 

クレジットカードについてはどのカードでも為替手数料自体は同じですが、繰り上げ返済で為替手数料を極限まで圧縮するという方法や海外旅行保険も考えると、エポスカードが一番だと思います。詳細は下記記事が詳しいです

⇒海外キャッシング手数料最安は本当にクレジットカードの繰り上げ返済か? 検証してみた

 

sponsored link

DMM

旅行用品・スーツケースレンタル