国際キャッシュカード徹底比較ガイド

クレジットカードやデビットカード、海外プリペイドカードなどの国際キャッシュカードを手数料の観点から比較しています

海外旅行や留学にオススメの国際キャッシュカードをプラン別で考える

time 2015/09/20

hawai12

 

この記事では管理人の考える海外旅行や留学に最適な国際キャッシュカード(クレジットカードやデビットカード含む)をプラン別に紹介したいと思います。

 

プランA:マネパカード+海外旅行保険付きのクレジットカード

現状で最安の両替レートを誇るマネパカードをメインで使って、サブに海外旅行保険付きのクレジットカードを持っていくプランです。

マネパカードには海外旅行保険が付いてないので海外に行くときは海外旅行保険付きのクレジットカードを同時に携行するのは必須です。

このプランでは海外でのショッピングやキャッシングにはマネパカードを使用するので、クレジットカードの方は旅行保険さえ付いていれば何でも構わないです。

ただ、クレジットカードを国内でも日常的に使いたい場合はポイント還元率が高く、海外旅行保険が自動付帯で、年会費が無料のREXカードライトあたりがオススメです。

または、海外旅行保険こそ利用付帯ですが代わりにショッピング保険が付いており、ポイント還元率が高く年会費が無料のリクルートカードでもいいと思います。

この2つのカードはポイント還元率がそれなりに高いのでマネパカードの代わりとしても使えなくもないです。

 

プランB:イオンデビットカード+海外旅行保険付きのクレジットカード

マネパカードを使わない&クレジットカードのキャッシング枠がないけど海外でキャッシングしたいという方向けのプランです。

イオンデビットカードはマネパカードほどではないですが、為替手数料が1.6%とマネパカードの次に安いです。

マネパカードなし&クレジットカードのキャッシング枠なしの場合はキャッシングはイオンデビットカードで決まりでしょう。

 

プランC(学生の方向け):学生専用ライフカード+予備のデビットカードorクレジットカード

学生の方ならメインのカードは学生専用ライフカードが最適です。

というのも、学生専用ライフカードは自動付帯の海外旅行保険が付いている上に、海外でのショッピング利用額の5%がキャッシュバックされるからです。

5%のキャッシュバックは破格のサービスでマネパカードを利用するよりも断然お得になります。

海外旅行の度に申請する必要があるのが面倒ですが、それでも申請しない手はないです。

海外でのキャッシングについては学生の場合はクレジットカードにキャッシング枠を設けるのは難しいため、デビットカードをサブとして持って行くといいかもしれません。

現地通貨は国内から全て持参していくという場合にはデビットカードはいらないので予備のクレジットカードを持っていくといいでしょう。

ちなみに学生専用ライフカードは学生でなくなると海外旅行保険やキャッシュバックがなくなるので他の高ポイント還元のカードに切り替えた方がいいと思います。

 

管理人のオススメとしてはやはりプランAのマネパカード+予備のクレジットカードですね。

というよりも学生でなければプランAを選ばない理由はないと思います。

 

 

sponsored link

DMM

旅行用品・スーツケースレンタル