国際キャッシュカード徹底比較ガイド

クレジットカードやデビットカード、海外プリペイドカードなどの国際キャッシュカードを手数料の観点から比較しています

トラベレックスでの外貨両替はお得?

time 2016/01/25

Travelex

 

結論から言うとお得ではありません。

トラベレックスの外貨両替レートはどの通貨もだいたい大手都市銀行と同じレートです。

試しにトラベレックスの2016年1月25日のレートと三井住友銀行のレートを比べてみましょう。

両者の米ドル、ユーロ、カナダドル、豪ドル、人民元のレートは以下の通りでした。

 

トラベレックス 三井住友銀行
米ドル 121.47 121.63
ユーロ 131.90 132.11
カナダドル 94.41 94.48
豪ドル 94.44 94.42
人民元 19.82 19.76

※上記のレートはウェブサイト上のレートであり、実際の店頭でのレートとは異なる場合があります

※トラベレックスのレートはこちらから、また三井住友銀行のレートはこちらから確認できます。

 

米ドルやユーロはトラベレックスの方が若干安いですがそれでも10銭20銭といった程度なのでほぼおなじレートと考えていいと思います。

カナダドルや豪ドル、人民元では両者のレートに違いはほとんどないです。

これならマネーパートナーズでの外貨両替サービスや各種クレジットカードorデビットカードによる現地でのキャッシングを利用した方が遥かにお得なレートで両替することができます。

 

なおトラベレックスでは割引クーポンを利用することでよりお得なレートで両替できるようですが、ネットで調べた限りでは割引額は米ドルorユーロで20銭~30銭程度のようです(3万円以上の両替に限るなどの条件があるので注意です)。

この程度の割引では依然としてお得なレートとは言い難いです。

 

というわけで、以上からトラベレックスでの両替はオススメできません。

他の得な外貨両替方法、例えばマネーパートナーズでの外貨両替については下記↓の記事にて詳しく解説しています。

>マネーパートナーズで外貨両替をすることのメリットとデメリット

 

またクレジットカードによるキャッシングの手数料については下記↓の記事が詳しいです。

>海外で使えるクレジットカードの手数料を徹底分析!

sponsored link

DMM

旅行用品・スーツケースレンタル